突然呼吸が苦しくなった

突然呼吸が苦しくなった

トップページ

突然呼吸が苦しくなった

100人中3人が発症する「パニック障害」突然呼吸が苦しくなったりしたことはありませんか?冷や汗が出たり手足が震えたり、言いようのない不安や恐怖を感じることはありませんか?「いつもの自分と違う」そんな違和感を感じたら、それはパニック障害かもしれません。


  • 「パニック障害って何?」

このページでは誰もが発症する恐れのある病気、パニック障害についてご案内します。


パニック障害とは

パニック障害とは100人中3人が発症すると言われている病気です。男性よりも女性の方が圧倒的に患者さんの数は多く、年齢層は10代から60代まで幅広いです。家族で発症するケースもあり、遺伝的要素があるのではないかと言われています。有名人ではKinKi kidsの堂本剛さんや元プロ野球選手の長島一茂さんなどが発症したことを告白していますね。

パニック障害は早期発見し治療を行えば比較的すぐに治る病気ですが、脳や呼吸器の病気と間違われやすく適切な治療がされていないケースもあります。なので、パニック障害だと診断されるまでいくつも病院をまわる患者さんも少なくありません。


パニック障害の症状

パニック障害になるとパニック発作というものが起きるようになります。

  • パニック発作とは、

[check]呼吸をすることが困難になる

[check]激しい動機

[check]冷や汗

[check]手足の震え

[check]めまい

[check]吐き気

などの症状と、「このまま死ぬのではないか」という精神的な不安や恐怖が同時に襲ってくることです。パニック発作の症状をみると体になんらかの異常があるように思えますが、体にはまったく問題がないのがパニック障害の特徴です。パニック障害は悪化してしまうとうつ病や不安障害などを引き起こす可能性があります。激しい発作が繰り返し起きるようになったらパニック障害を疑ってください。最初の病院ではもしかしたらパニック障害だと正しく診断されないかもしれないので、セカンドオピニオンを利用して他の医師の診断を受けてみることをオススメします。

パニック障害だけでも苦しいのに、他の病気まで発症してしまったら治療に時間がかかり完治が難しくなってしまいます。そうならないためにも、適切な治療を受けましょう。








a:1044 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.78
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析